chatwork(チャットワーク)が10倍便利になる隠れ機能・裏技・ショートコード。特徴は?

こんにちはなみぞうです。
働き方改革とコロナ禍の影響により急速にテレワークを導入する企業が増えました。

それに伴いテレワークで活躍できるツールが注目を浴びております。
【zoom】を利用しオンライン会議(ビデオ会議)で対応したり、ここ数年でプライベートの連絡手段が【メール】から【LINE】に変わっていったように、ビジネス上でもこのタイミングで【ビジネスチャット】の導入を行なった企業も多いようです。

ビジネスチャットといっても数多く種類があり、企業によって利用するツールは違っています。
skype、slack、chatwork、LINE WORKES、Telegramからさらにはタスク管理機能も携えた、chatworkやBacklog、Trelloなどなど。
それぞれのツールを比較したとしても、それぞれにメリット・デメリットがありますので一番使いやすいツールを決めるのは難しいですが、今回は【比較的ITリテラシーがない企業にも好まれる】chatwork(チャットワーク)の機能についてまとめていきます。

ビジネスチャット利用者数NO.1のチャットワーク

ビジネスチャット利用者数NO.1のチャットワーク

チャットワークが後発組のビジネスツールでありながらここまでシェアを広げることができたのは、日本の会社が日本人向けに作ったということに尽きると思います。
複雑な機能を排除し、IT企業でなくても使えるツールとして設計されております。

容量の違いにより無料版/有料版がありますが、無料版でも十分すぎるほどの機能を携えております。

基本的な使い方は、公式HPでご確認ください。

サービス公式ページ:https://go.chatwork.com/ja/

今回は、チャットワークの意外と知られていない機能について見ていきます。

チャットワークに文章を装飾して見やすく工夫。ソースコードにも対応。

チャットワークに文章を装飾して見やすく工夫。ソースコードにも対応。

チャットワークユーザーの中でも意外と知られていないこの機能。
toのつけかたやメッセージの引用のつけかたは知っていてもその他装飾の仕方は知らない場合も多いでしょう。

1罫線をつけてブロックを区切る

[hr]で罫線を引くことができます。

話題が変わるタイミングで使うことが多いですね。

[hr]

罫線をつけてブロックを区切る

2コード・絵文字の変換を無効にする

[code]〜〜〜[/code]で囲みましょう。

この説明だとなかなか分かりにくいかもしれませんが、例えば[To:1000●●●]みたいに記述すると、TOマーク出ますよね。
あれを変換させないコードです。

私はチャットワークのコードにこだわらず、htmlやcss、javaのコードをグループで共有するときなどに利用する場合が多いです。

3インフォメーションを囲む

[info]〜〜〜[/info]でメッセージを枠線で囲い、他のテキストを区別することができます。
さらに、[title]〜〜〜[/title]をうまく使うと見出しつきの囲い枠となります。

グループで情報共有したいときに、一目で情報が明確化できるよう使ったりすることが多いです。

インフォメーションを囲む

このように「返信」や「リアクション」以外にもこんな装飾機能が用意されているのですね。

参考URL:https://help.chatwork.com/hc/ja/articles/203127904

チャットワークは音声通話・ビデオ通話にも対応

オンライン会議といえばzoom(ズーム)みたいに考えている方も多いですが、チャットワークにも音声通話・ビデオ通話機能(総称 ChatWork Live(チャットワークライブ))が用意されております。

チャットワーク無料版であれば、1対1でのビデオ通話・音声通話のみ。
有料ブランにすればグループでのビデオ通話・音声通話が可能になります。

チャットワークライブ 始めかた

私が重宝しているのは【画面共有機能】ですね。
オンライン会議をしながら、通話相手に自分の顔を見せるのではなく、話しながら自分のパソコンの画面を共有してマウスなどを動かして実際に作業をしている様子を見せることができます。

「例えば、ワードプレスで記事を増やすには〜〜〜」
のような説明を実際に自分が動かしている様子を見せてしましますので話が早いのです。

参考URL:https://blog-ja.chatwork.com/2013/05/chatwork-live.html

どんどん新しい展開をするチャットワークには目を離せない

ここまでなかなか知られていない機能をご紹介させていただきましたが、普段チャットワークを利用されている方であればチャットワークの進化は身をもって感じているのではないでしょうか。

いつの間にか広告が配信されるようになったり、
チャットワーク助成金などのお知らせが飛んできたり、ダークモードなどの切り替えができるようになったり。

個人的には今後チャットワークはますますシェアを広げていくのではないかとは思っております。
どんな新しい機能を追加していってくれるのか楽しみにしておきましょう。

補足:個人的にチャットワークをお勧めしたい理由

私は色々な人とのやりとりの関係でメールソフト(thumderbird)、チャットワーク、skype、LINE、slack、telegramを毎朝立ち上げる必要がありますが、もし「なにでやりとりをしますか??」と聞かれたら「チャットワークにしましょう」と言います。

理由としましては、

「既読マークがつかない」

これにつきます。

「既読マークついちゃったから早く返信しなきゃ!!」

とか、

「あれ、送った内容全然既読にならないな」

など余計な気を使わなくていいのが私にはちょうど良いのです。

最近の個人的マイブーム紹介

どうもなみぞうです。
最近はもっぱらswitchで【どうぶつの森】と【リングフィットアドベンチャー】を交互に楽しんでおります。

「そんな暇あるならブログ書け?」

いや、全くその通りでございます。
けれど癒しと運動がなくては人間は発狂してしまうので許してくださいませ。

おすすめの記事